チワワの飼い方

スポンサーリンク

犬の人気犬種トップ3に入るチワワ。

小さいからだに大きなお目目でめちゃくちゃ可愛いですよね!

可愛いし、小さいし、飼いやすそう!?

それはあなたの「飼いやすい」が何を指してるかによるかも。

チワワにはいろいろなカラーの子、なりやすい病気などがあります。

そもそもチワワってどんな犬?という疑問まですべてお答えします。

スポンサーリンク

チワワの歴史

原産国:メキシコ

古代メキシコに存在したとされる「テチチ」という小さな犬が祖先とされています。

テチチは残念ながら絶滅してしまったらしい。

メキシコのチワワという町で小さな犬が発見され、町の名前にちなんで

チワワと名付けられます。

当時のチワワは今でいう、スムースコート、毛の短いチワワだったみたいです。

その後、繁殖と犬種固定化が進み、チャイニーズクレステッドドッグ、ポメラニアンなどを掛け合わせた結果、毛の長いロングコートチワワが誕生しました。

今ではスムースコートのチワワちゃんのが数が少ないですね。

チワワの特徴、体型

チワワの体形には大きく分けて2つの種類があります。

  • ドワーフタイプ
  • ハイオンタイプ(鹿、ディアータイプ)

詳しく説明しますね!

ドワーフタイプ

ドワーフってゲームをする人にはお馴染みな言葉だと思います。

だいたい小柄な種族。

チワワも同じく

  • ぎゅっと詰まったマズル(お口、お鼻
  • アップルヘッドと呼ばれる真ん丸な頭
  • 短い手足
  • 体重も若干軽い傾向(1キロ~3キロ)

が特徴

マズル部分が短いので、息をしにくく、他のタイプのチワワよりは呼吸器系の病気にかかりやすい傾向にあります。

JKC(ジャパンケンネルクラブ)という血統書を発行している団体さんは、「チワワはアップルヘッドであること」と定義してます。

 

ハイオンタイプ

ハイオンタイプはディアータイプ(鹿、バンビ)とも呼ばれています。

  • すらっとした細い手足
  • マズルも長い
  • 目もそこまで大きくない
  • 体重も6キロくらいになる子もいる

ほんとにバンビみたいな体形の子たちです。

そもそもこちらのタイプのチワワが先に誕生し、アメリカ人が自分たちの好きなドワーフタイプに改良をしていきました。

なので、ディアータイプのチワワはドッグショーなどでは認められていません。

認定はされていませんが、血統書発行には問題ありませんし、チワワはチワワ。

性格

チワワは一般的には

  • ビビり
  • 威嚇がすごい
  • 良く吠える
  • 甘えん坊

と思われているようです。

我が家のチワワ、勤務先のペットショップにいるチワワちゃん、お客様のチワワちゃんを見ていると、当たっているなという印象。

でもすべてきちんと社会化が出来ており、しつけができていれば大丈夫です。

かわいい小さいチワワちゃんがストレスなく人間社会で暮らせるようにきちんと社会化やしつけを行ってあげましょうね。

 

チワワには短毛(スムースコート)、長毛(ロングコート)がいる

チワワはとてもよく毛が抜けます。

そして以外にもスムースの子のほうがより抜け毛の量がすごい。

ロングコートの子は毛玉にならないようにもちろん頻繁にブラッシングは必要ですが

スムースの子にも血行促進などの理由でブラッシングをしてあげてください。

ブラッシングって、気持ちいいものなんですよ!

そして、もともとチワワはスムースだったのですが、今はスムースの子のほうが生まれにくいそうです。

親がスムースチワワ同士でもロングコートの子しか生まれないことも結構あるのだとか。

ロングコートの子でもカットは基本必要ない!

夏になると、ロングコートの愛犬が暑苦しそうで、サマーカット(短くカット)をする飼い主さんがいますが、これ実はNGなんです。

チワワはダブルコートといって、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)がセットになった毛が、毛穴から7~15本びっちり生えています。

ダブルコートの犬種は一度カットしてしまうと毛質が変わりくせ毛しか生えてこないケースや、綺麗に生えてこないことも。

それだけでなく、皮膚を直射日光や虫から守る役割もあるので、サマーカットをしてしまうと様々な病気の元になってしまいます。

本当にチワワのことを考えてあげるのならば、きちんとブラッシングをしてあげるだけで十分。

我が家のチワワのりんは、ロングコートの子にしてはモフモフしてないのですがお尻の周りだけやけに毛の量が多く、ウンチなどがついてしまうため、お尻回りだけ適度にカットしてもらっています。

 

チワワがなりやすい病気

チワワが特になりやすい病気をいくつか簡単に紹介します。

詳しくは下記別サイトを参照してください。

チワワのなりやすい病気

パテラ

パテラとはヒザのお皿が外れてしまうこと

1から4まで進行度のレベルがあり、4が一番ひどい。

1ならば外れてしまっても自分でバタバタ痛がってるうちに勝手に治ってしまうくらいのレベルです。

ひどいと手術が必要になりますが、自覚もなく様子見で終わることも。

フローリングは滑らないワックスをかけたり、絨毯は毛の短いものに変えたりとヒザに優しい対策をしましょう。

水頭症

頭蓋骨の中に水がたまり、脳を圧迫してしまう病気です。

脳のどこを圧迫してるのかによって病状は様々ですが、見た目で分かりやすい症状は黒目が斜め下をむいている。

チワワのカラー

チワワには沢山のカラーがあります。

認定されているカラーがほとんど。

けれど唯一、ブルーマールというカラーだけは例外です。

ミュータントカラー因子という遺伝的な皮膚病を発症してしまうリスクがあります。

毛が抜け落ち、皮膚が硬くなりガサガサになる病気です。

珍しい!という理由で「欲しい!飼いたい!」と思わず、きちんとリスクを理解したうえでお迎えしてあげてください。

チワワは本当にカラーが豊富で

  • 単色
  • 二色
  • 三色
  • タン入り(まろ眉)

の子たちがいます。

 

ブラックタン

私の一押し、ブラックタン。

タンとはまゆげ部分のことです。

 

フォーン

 

 

 チョコレート

写真の子はチョコレートタン、チョコタンですね。

全身チョコレート色の子もいます。

チョコタンチワワ

パーティーカラー

パーティーカラーとは、二色のこ!

三毛猫ならぬ二毛犬ってことに・・・なるのか・・・?w

 

パーティーカラーのチワワ

 

可愛い子が見つかり次第追記していきます。

チワワはこんな犬

もともと食用だったチワワ。

今は人気TOP3にまでのぼりつめました。

可愛くて小さくて、食費もそこまでかからない。

薬代も大型犬と比べると安い!

でも社会化やしつけを怠ると簡単に噛んでくる犬になります。

この子を家族に迎えたいと思えるチワワに出会ったら是非その子がいつか虹の橋を渡るその時まで沢山の愛情と手間をかけてくださいね。

チワワってとーても可愛い犬ですよ!

 

犬のこと
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
お犬様とワンダフルライフ

コメント