フクロモモンガを飼いたい!我が家の飼育方法と生態

動物
スポンサーリンク

ペットショップにいくと良く見かけるようになったフクロモモンガ!!

我が家にも2匹おりまして、その魅力をお伝えしようと思います!

フクロモモンガとは?アメリカモモンガとは違うよ!

一般的にモモンガというとアメリカモモンガを想像する方が多いと思います!

お目目がくりくり、しゃもじのような形のもふもふしっぽ!

とてもかわいいですよね♪

 

 

なので私がモモンガ飼ってる!とみせるとこれモモンガなの?

と言われることもしばしば。

アメリカモモンガは現在輸入が制限されており、ペットショップではほとんど見かけませんね。

ペットにするならフクロモモンガが一般的です。

フクロモモンガは、その名の通りお腹に袋があり、カンガルーのようにその袋で赤ちゃんを育てます。

有袋類(ゆうたいるい)というやつですね!

男の子は成長すると頭に立派なオハゲができます。

 

 

食生活

野生では雑食性で、果物、昆虫などを食べているようです。

我が家ではペレットを主にあげていて、そのほかにドライフルーツや生のフルーツ、昆虫ゼリーなどをあげています。

モモンガフードも少しづつ種類が増えてきましたが、うちのこは下記のフードをよく食べてくれます。

フクロモモンガちゃんは偏食家が多いのでお気に入りのものを見つけるまで大変かもしれません。

あとはたまにミルワームもあげています。

虫全般一切NGだった私も、おいしそうに食べる姿をみてだんだんと慣れてきてしまい

今では乾燥ミルワームならば素手で触れるまでになりました。

慣れます・・・w

 

匂い

動物を飼う上で、1,2番目を争うくらいに気にする問題です。(個人的に)

フクロモモンガちゃん自身の体臭は臭くありません。

モフモフで、お目目くりくりでとてもかわいいですよ!

ですが、トイレを覚えません。ケージにしがみついて寝起きに排泄するところを良くみます。

そのおしっこがとても臭い!!!

モモンガちゃんのお家がわりのポシェットはとても耐えられない匂いになります。

手洗いするとまっ黄色の水がでてきますよ・・・。

でもこまめにケージやポシェットを洗てあげればそこまで気にならないと思います。

そしてケージにしがみついておしっこをするということは

壁とかケージのまわりも汚くなります。

ケージのまわりを段ボールなどで囲うことをおすすめします!

鳴き声

お迎えするならばこれもネックな問題ですよね。

夜、ちーちーちーと仲間を呼ぶ声はたまにだしてます。

壁が薄いアパートとかならばクレームになるんじゃないか?と思うほどうるさいときも・・・。

けどうちのこはそこまで頻繁ではありませんし、鳴き声がうるさいなと思ったことは

5年の飼育経験上1、2回程度だと思います。

フクロモモンガは夜行性なので、鳴き声の騒音問題より深夜にケージ内をドタバタしている音のほうが気になってしまうかもしれません。

 

寿命

平均寿命は10年ほどの言われています。

我が家の初代モモンガちゃんは6年ほどで突然亡くなってしまいました。

それ以来、気温の変化、体重の増減、食欲、ウンチの様子にはうるさくチェックするようになりました。

おかげで今、我が家にいるオスのライチくん、メスのソフィはとても元気です!

温度管理

フクロモモンガは寒さに弱いです。私は冬になるとゲージを段ボールで囲い保温しています。

そして、フクロモモンガは冬眠します。

我が家は先代のフクロモモンガちゃんが朝起きたら冷たく硬くなっててとってもびっくりしたことがあります。

冬眠する動物だとは知っていても、これが冬眠なのか、もうだめな状態なのかが

パニックになっている素人の私にはわからないのです。

私は諦められずに、部屋を暖かくして、タオルで温めてこすっていたら、ぴくぴく動いてくれました。

ペットとして、家族として飼っているのに冬眠をさせる意味はないと思います。

寒さ対策はしっかりと!25度以下にはしないこと!

暑さにも強いとはいえ、得意ではないので30度以上になったら

暑さ対策もしてあげてください。

 

お値段

一般的なカラーでしたら1万ちょっとから2万円くらいで買えることろが多いですね!

ただホワイト(全身真っ白)などのレアカラーだと8万円とかで売られていることが多いです。

私はノーマルだよ☆

 

私のおすすめはペットショップよりは、専門店で買われることをおすすめします。

ペットショップでも構ってくれていたら人に慣れやすいかもしれませんが

体験上、ペットショップの子はお世話のみされている子が多く、専門店さんからお迎えした子のほうがなつきやすかったです。

なつかせ方

いわゆるべた慣れをどの程度のことを指すのかによって変わりますが、

一般的に自分の匂いがついた布などをケージにいれたり、ポーチに入れて首からさげて匂いを覚えてもらいます。

我が家のライチくんはずっとペットショップにいたために、手渡しでご飯を上げられるくらいまでには慣れましたが、抱っこしようとするとキーキーと威嚇してきます。

ソフィちゃんは私がミルクをあげて育てたので、すぐに手に乗り、肩に乗ってきます。

お迎えするときの年齢、それまでに人とどう接しているかによっても慣れさせることへの難しさはかわってきます。

威嚇するときのちーちー声もかわいいんですけどね!

噛まれると血がでるくらいの痛さはあります。

おすすめゲージ

モモンガは高さのあるケージで飼うべきです!

このゲージもおすすめなのですがモモンガのおしっこですぐに錆びてしまいました。

でもこちらのゲージは通気性がとてもよく、夏はよいですよね!

 

もう一つおすすめなケージはこちらです!

こちらはアクリル製なので錆びない!匂いも大丈夫!

ただ、暑さ対策はクーラーをつけることしかできなくなります。

そしてお値段もお高め。

予算と、生活スタイルに合わせて選んであげてください!

錆びて買い替えることを考えるとアクリル製がいいかなと思います。

悩むより飼ってみよう!

もちろん、お迎えした子が天国にいく日までお世話をすることは鉄則です。

けど、大丈夫かな・・とずーと悩んでいるよりはお迎えすることをおすすめします!

お迎えしたら不安はなんだったんだろう?と思うくらい可愛いですよ!

そして最後までお世話をできるように努力してください。もう立派なあなたの家族です!

フクロモモンガはめちゃくちゃかわいい動物ですよ!

ふさふさの細いしっぽ。うるうるの目・・・・

 

あなたのフクロモモンガライフの参考になれたらうれしいです♪

動物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
お犬様とワンダフルライフ

コメント